Hiroshima Photography

SONY サイバーショット HX30V でとった広島の写真 ツイなま シンタニの備忘録

        Hiroshima photography tumblrPanoramio twinamaflickr Hiroshima photography

ちえちゃんと慢性活動性EBウイルス感染症

松来未祐さんと交流のあった声優のみなさんが、慢性活動性EBウイルス感染症(CAEBV)の啓発や、骨髄バンクのドナー登録を呼びかける催し*1を昨年ひらいたと聞きました。

2012年11月30日午前2時17分に息を引き取ったちえちゃんも、CAEBVの患者さんでした。治療のためにちえちゃんは休職し、住んでいる町から遠く離れての入院生活を余儀なくされました。専門医を求めて、家族やふるさとと離れなければいけないほど珍しい病気。病床からメールやSkypeで教えてくれたのはちえちゃんです。

ちえちゃんは、まりちゃんが配信するツイキャスの常連で、Skypeやメールをよく送ってくれました。元気になって迎える来年の誕生日には、家族にあらためてお礼を伝えること、勤め先のこと、ソナーポケットのおすすめの楽曲、地元のおいしいランチ、東京ディズニーランドのアトラクション。車いすが手放せないまりちゃんに、「あたしがしっかりサポートするから、一緒にディズニーランド行くときはおまかせあれ」と胸を張る、頼もしい女の子でした。

とにかく慢性活動性EBウイルスについてみんなに知ってほしいと、Twitterの投稿にも熱心で、実家のお姉さんが用意してくれたウィッグを写真に収めたり、薬の副作用で出血が止まらずたいへんだったこと、少しだけ食べられるようになったお昼ごはん、高熱にうなされたことなど、入院生活を伝えるツイートは、天に召される前日までつづきました。

「まれな病気だからこそ、知ってもらうことで研究が進んだり、早期発見ができたり、保険が適用されたり、近所の病院で診てもらえたりするから、あたしだけの問題じゃないの。」ちえちゃんは、つらく苦しい治療とは別のところでも、立ち向かっていたんですね。

深夜から明け方の時間に短いメッセージが届くこともありました。「人間は死んだらどこに行くの?」「明日の朝が来ない気がして眠れない」「あたしが死んでも思いださなくていいから忘れないでほしいの。ここにちゃんといたこと」「あたしの人生はなんのため」。ちえちゃんは受け取った相手の気持ちを想像したはずです。それを押して、送信せざるを得なかった恐怖や痛みを想像しています。

そう、想像しているのです。

*1:松来未祐さん愛悼イベント「サンキュー!未祐ちゃん」千代田区北の丸公園 科学技術館 2016年9月11日

        NAVER matome twinamaHiroshima Photography Google plus twinama flickr